セリアの不織布でワイヤー入り仕切りケースを作成

ただいま地味に小作業中です○┓ペコリ

ワイヤーポーチ

先日初めて「ワイヤーポーチ」なるものを作ってみたのですが、何か変…で(苦笑)。

そこで縫い糸を切って・また1から作り直したのですが、ワイヤーポーチって開けっ放しでも・閉めて使うこともできて良いですね!

ワイヤーポーチを開けたところ

またファスナーを開けると、↑こういう風に「口」がパカッと開いて・固定できるから、中に入れた物も取り出しやすくて♪

これはもう1個欲しいな~と思い、どの生地で作ろうかな~♪とアレコレ考えていたらピコーン💡これならフニャフニャしないかも?で、試しに『セリアの不織布で仕切りケース』を作ってみました(^v^)

スポンサーリンク

セリアの不織布で仕切りケース作り

まずは底面積を調べる

タンス内の底面積を調べる

まずは「いらない紙(チラシ・DMなど)」を使って、どういう風に仕切りたいか?を考えながら、タンスの引き出しの底面の大きさに合わせて・紙を折りつつ敷きつめていき、結果=A+B+Cの計3つに仕切ることに。

底面積をもとに展開図を作る

仕切りケースの展開図

1.シート状の不織布の上に「底面積の紙」を置き、紙の外枠を目安に線を引く。

2.その前後左右に「希望の高さ」を加えて線を引く。

3.さらにその外枠に縫い代(A・B・C・Dの位置は内側に折り曲げ・その上から縫うので2cm、その他は1cm)を加えて、不織布をカットします。

ミシンで縫う

隣接する角同士(例:Aの角とBの角。計4ヵ所)を合わせて【端から1cm】を縫い、表に返して・上部を内側に【2cm】折り曲げ、

不織布で仕切りケース作り

赤い○印部分のみ【2cmほど】縫わずに開けておき、その他は巾着の紐を通すところを作るような感じで、折り曲げた上部から【1.5cmくらいの位置】を縫えば、「不織布の仕切りケース」が完成~♪

なんですが、

このままだと「口」がフニャフニャしていて・中に物を入れにくい…ので、ここでワイヤーポーチの「口」が参考に(^▽^人)♪

ハンガーでワイヤー口金を作る

ハンガーを切る

仕切りケースの約半分(上部の長さ÷2)の長さに合わせて、ワイヤーハンガーをニッパーでカット → カットしたワイヤーを「コの字型」に曲げ、なんちゃってワイヤー口金(計2本)を作成。

参考用 ワイヤー入り仕切りケースに使うワイヤー口金の作り方

端末保護キャップ

…出てこないとは言い切れないので、万が一ワイヤーが飛び出てきてもケガしないように、念のためワイヤーの切り口に「端末保護キャップ(25mm用を使用)」を取り付けて・保護しておくことに。

参考用 楽天市場で「端末保護キャップ」をチェックする

仕切りケースの上部に入れる

縫わずに空けていたところ

仕切りケース上部の「縫わずに開けておいたところ」から、作ったワイヤー口金(まずは1本目)を差し込んで、

ワイヤー口金を入れる

反対側の「開けておいたところ」まで、少しず~つ押し進めながら入れていき、それが終わったら残りの1本も反対側から入れると、

ワイヤー口金入り・不織布仕切りケース

入れ口がしっかりした「ワイヤー入り仕切りケース」が完成~\\٩( ‘ω’ )و ///タラッタラー

早速「物」を入れてチェック!

ワイヤー入り仕切りケース

早速タンスの「引き出し」内にいれてみたところ、底面積に合わせて作っただけにジャストサイズ!でした♪アンド上部にワイヤーを入れたことで、物の出し入れ時にもケースがフニャフニャせず~♪

取り出したワイヤー入り仕切りケース

今使っているタンスは背板が無いので、引き出し内に「ほこり」が溜まりやすいんですよね。だから、たまに引き出し内の拭き掃除をしているのですが、これならケースごと取り出せるから、サッと出して・サッと拭いて・サッと戻せそう♪

気になった点

しいて言えば、まずは「ワイヤー」は白にするべきでした(苦笑)。

家にあった黄緑色のワイヤーハンガー(100均商品)を使ったのですが、その色が透けて見えている…だったので、もし作ってみよ~♪なら、白色のハンガーをご使用されることをオススメします!です(^▽^;)

ほか気になった点としては、「不織布」ってアイロン&洗濯ができないから、ほこりで薄汚れてきたら再度作り直しになるな~で、その辺が悩むところでしょうか。

仕切りケースで整理整頓

とりあえず、他の「仕切り方」も試してから決めよう!で、今回作ったワイヤー入り仕切りケースについては、ストッキング&靴下のストック入れに使うことにして(ラッキーなことに全部入った♪)、残りはまた来年に!

ではでは、みなさん良い年末年始をお迎えくださいね~ヾ(o´∀`o)ノ

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました