ミシンカバーの取っ手口にバイアステープをつける方法

こんにちは~ヾ(*´∀`*)ノ

以前、昔作ったブランケットを「ミシンカバー」にリメイクしたのですが、

ミシンの取っ手口

その時に、取っ手口用にあけた四角い穴にバイアステープをつける方法がわからなくて、通常のバイアステープのつけ方と「反対」のつけ方になるので、どうしたら…で。検索エンジン・動画サイトなどでも調べてみたのですが、自分が求めている答えには辿り着けず…だったんですよね。

何とかバイアステープをつけたのですが、同じく探していらっしゃる方がいるかも?なので、覚書を兼ねて『ミシンカバーの取っ手口用にあけた四角い穴に、内側から外側に向かって直角にバイアステープをつける方法』を書き残しておきたいと思います。

尚、言葉での説明が下手なこともあり、写真を多めにしています。1ページにまとめるとページが開きにくくなるため、計3ページに分けて書いていますので、【次へ】もしくは【2】【3】と数字をクリックして読み進めてください(。-人-。)

スポンサーリンク

内側から外側に向かってバイアステープをつける方法

用意するもの

三角定規とペン

(1)三角定規と(2)鉛筆・手芸用ペンなど印をつけられるものと、(3)縫い代(1cmにしてください。それ以下だと作るのが難しいです)に合わせたバイアステープを長めに用意。

紙を三角形に折る

三角定規が手元に無い場合は、角度(45度)がわかれば良いので、紙を↑画像のように三角形に折って・代用してください。折って出来た右側の三角形のところが「45度」になります。

45度を作る理由としては、あけた四角い穴の「角」にバイアステープを直角(直角90度÷隣り合う2辺で作る=1辺は45度)につけるためです。

内から外につけるバイアステープ

また↑画像のように内側から外側に向かってつける、あけた四角い穴にピッタリ合うバイアステープを作るために、

取っ手口をあけた穴

可能であれば、(3)紙などに書いたミシンカバーの取っ手口のダミー(取っ手口用にあける穴の大きさ+周りに縫い代を足して線を引き、穴の部分は切り抜いておく+縫い代線にそって切っておく)があるとわかりやすいです。

内から外につけるバイアステープ

では、作った「ミシンカバーの取っ手口のダミー(以下省略してダミー)」を使って説明していきたいと思います。続きは↓【2】ページ目へと(。-人-。)

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました