料理・皿洗い時に袖がずり落ちるストレスを腕カバーで解消! | ポチョムニツキ

料理・皿洗い時に袖がずり落ちるストレスを腕カバーで解消!

こんばんわ。今日も一日寒かったですね~(>_<)

ここ数日、気圧&気温の変化が激しくて、ちょっと偏頭痛が…なこともあり、今日は片づけを「お休み」して、本を読んだりとのんびり過ごしましたが、

合い間に「気になっていたこと」をネットで調べてみたところ、わかりやすくご紹介下さっている方が♪

料理&皿洗い時に、濡れないようにまくった「袖」がだんだんずり落ちてくる…で、最近それがプチストレスだったんですよね。もし作るとしたら、どれくらいの大きさの布がいるのかな?でしたが、家にあるもので作れそうだったので、ちょっと『腕カバー(腕貫き)』を作ってみることに(^v^)

スポンサーリンク

自分で作る腕カバー

作り方は、「レトロワンピで暮らせば(運営者:くらげさん)」の「簡単なアームカバーの作り方。ガーデニングの紫外線対策・汚れ防止に。」を参考にさせて頂きました。有難うございました<(_ _)>

必要なものを用意

腕カバーを作る生地&ゴムを用意する

サイズを参考に、家にあった生地(縦40cm×横40cmを2枚)と、ゴム(袖口30cm×2本、ひじ部分40cm×2本)、ほか引っ掛け用として「テープ(ひも)」を用意。

袖口のゴムの長さについては、おいらは「袖が落ちてきて欲しくない位置の腕の太さ」に合わせて、袖口に入れるゴムを少し長めにしました。この辺は好みかと思いますが、少し長めにしておくと、ゴムを結ぶ時に「締め付け具合」の調節ができるかと。

作り方を参考に縫う

袖口部分を縫う

作り方を参考に、(1)まずは筒状に縫う(引っ掛け用のテープも輪っかにして一緒に縫い付ける)、(2)袖口・ひじ部分を三つ折りにしてアイロンをかける、(3)ゴムの入れ口を数センチ残して「三つ折り部分」を縫い、

ゴム通し穴にゴムを通す

(4)縫わずに残しておいた「ゴムの入れ口」から、安全ピンなどを使ってゴムを通して、(5)生地を表に反したら、

腕カバー(腕抜き)

腕カバー(腕貫き)の完成~♪

早速試着してみました

作った腕カバー(腕抜き)

トレーナーの上から「作った腕カバー」をつけてみたところ、筒まわり⇒トレーナーの上からでも余裕があり、ゴム部分⇒袖口・ひじ部分ともに丁度良い締め付け感で、腕にゴム跡も残りにくい感じ♪

今日の晩ご飯を作る時&皿洗い時に使ってみましたが、もっと早く作れば良かった!超便利!袖がずり落ちてこずで快適~♪

洗濯用にもう1枚作っておこうかと(^◇^)

紐をつけると引っ掛けることも

壁に引っ掛けた腕カバー

余談としては、引っ掛け用で「輪っかにしたテープ」を入れて縫っていたので、使っていない時はキッチン壁のフックに引っ掛けることもでき、置き場所にも困らずGoodでした♪

シンプルな腕カバーで、作り方もわかりやすく書いて下さっていたので、迷うところも無く作れました♪くらげさん、作り方を教えていただき有難うございました~ヾ(*´∀`*)ノ

ランキング

 にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

スポンサーリンク