レースカーテンを洗うついでに掃除も一緒に

地道に洗濯&掃除中です○┓ペコリ

カーテンについては、厚手のカーテンは1年に1回ほど、薄手のレースカーテンは半年に1回ほどの割合で洗濯していたのですが、

今の住まいは道路沿いにあるからでしょうね。窓側にあるレースカーテンが結構汚れるとです…なので、2~3ヵ月に1回は洗濯しないと、裾周りがすぐ黒くなっちゃって。

今日は天気が良かったので、存分に『レースカーテン』を洗いました(^◇^)

スポンサーリンク

洗うついでに掃除も一緒に

レースカーテンの洗濯

レースカーテンの漂白には、人にも環境にも配管にも優しいナチュラル洗剤=酸素系漂白剤(過酸化ナトリウム)を使用しています。

お風呂場・洗濯槽・トイレタンク・排水口の消臭+除菌+漂白+ぬめり除去にも使えるので、洗剤をアレコレ買わずに済むのが良く、我が家ではフル活用中♪なんですが、

レースカーテンを洗う時にも、流れ作業的に「掃除」も行えて、

レースカーテンの洗濯

まずバケツの中に酸素系漂白剤を投入⇒ぬるま湯(40~50℃)でよ~く溶かして、そこに「レースカーテン」を入れて、しばらく浸け置きして漂白します。

ついでに「シャワーヘッド」も横っちょに突っ込んで漂白&除菌を(笑)。

時間がきたら、レースカーテンは洗濯機に入れて洗濯&脱水を⇒使った「酸素系漂白剤を溶かした水」はそのまま流して捨てるのは勿体ないので、

水を排水する

お風呂場の排水口についているヘアキャッチャーに「ビニール袋」をかぶせて、さらに浮き上がらないように・上から重し(水を入れて口を閉じたビニール袋など)を乗せて押さえ、それからレースカーテン洗いで使った「酸素系漂白剤を溶かした水」を流して床にためる⇒しばらく放置して、お風呂場の床の漂白&除菌も一緒に

シャワーヘッド&お風呂の床ともに、浸け置き後は水でよーく洗い流せばOK!です。

レースカーテンもすっきりキレイに♪

レースカーテンを干す

良い頃合いでレースカーテンの洗濯も終わったので、窓に取り付けて干しました。

レースカーテンの場合は「薄手」なので、洗濯機で脱水をしておけば・洗濯後にすぐカーテンレールに戻しても、勝手に乾くんですよね。湿気が気になる方は「扇風機」とかをあてると良いかも?ですが、晴れた日に洗濯すれば、昼ぐらいにはもう乾いているので、薄手のレースカーテンについては、我が家ではこの方法で洗濯&干しています。

全体的に薄汚れている感じでしたが、洗濯後は白さが戻ってすっきりキレイに+ついでにシャワーヘッドも・お風呂場の床もキレイになったので一石三鳥!

除菌も行えるので、また2~3ヵ月後くらいに洗濯したいと思います(〃艸〃)ムフッ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ 

↑ランキング画像をポチッとしていただけますと、片付け&更新の励みになります^^

家事用品
スポンサーリンク
ポチョムニツキ
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました