理想的!スッキリ見えする布団圧縮袋が到着! | ポチョムニツキ

理想的!スッキリ見えする布団圧縮袋が到着!

ただいま地味に片付け中です○┓ペコリ

今週は、無い知恵を絞って『押し入れ内のごちゃ付き感をどうにかできないか?』を頑張ってみたのですが、まずは注文していた通販品=布団圧縮袋が到着!

早速使ってみたところ、これがことのほか良くて!買って良かった~でしたよ(๑˃̵ᴗ˂̵)وグッ!

スポンサーリンク

布団収納のごちゃ付き感を改善

Vacplus ふとん圧縮袋

Vacplus ふとん圧縮袋

参考用 Amazonで「Vacplus ふとん圧縮袋」をチェックする

同シリーズで「柄入りタイプ」もあったのですが、おいらは押し入れ内のごちゃ付き感を解消したかったので、こちらのシンプルなタイプ(100cm×80cmの6枚セット+ポンプ付き)をお買上げ♪

Vacplus ふとん圧縮袋の感じ

(1)表は透けない白色×裏は透明になっているので「入れた物」もわかりやすい、(2)二重逆流防止弁&ダブルチャックで空気漏れ対策もされており、そこから(3)防塵防湿 ・カビ・ダニ対策的にも良さそう、(4)掃除機でも・付属のポンプでも圧縮が行える、(5)6枚入りセットで2,180円とお手頃的だったので、ちとポチッてみたのですが、

100cm×80cmに入る物は?

布団圧縮袋に毛布を入れる

家にある布団類で「1枚に付き・何が入るのか?」を試してみたところ、(1)夏用のタオルケット2枚+敷きパット2枚、(2)厚みのある二枚合わせマイヤー毛布だと1枚、(3)薄手の毛布だと2枚 が入る感じ的。

一応、商品説明書きでは「掛け布団」もイケるようなことが書かれていたのですが、我が家の掛け布団は無理だったので、これについては掛け布団の「厚み」によりけりかと。

こちらの圧縮袋には「マチ」がついていないので、和布団や羊毛布団などの「厚みのある布団」を圧縮したい場合は、、1サイズ上の130cm×100cmを買った方が良い感じでした。

圧縮のしやすさは?

付属のポンプで圧縮

まずは「付属のポンプ」で圧縮を。

用意ができたら、圧縮袋の「空気抜き弁=バルブ」を開ける → (1)ポンプを用意する → (2)ポンプ先の「溝」を(3)バルブにセットする → (4)ポンプのハンドルを上下に動かして空気を抜いていき、圧縮できたら「バルブ」を閉めればOK!

所要時間的には、大体3~4分かかった感じでせうか。

掃除機で圧縮

日頃の運動不足が…で、これはちょっと腕が筋肉痛になりそうだったので、2回目のお試しからは「掃除機」で圧縮しましたが、

圧縮された毛布

掃除機だと、あっという間に圧縮が♪

バルブの形式が、「ペットボトルのフタ」のようにくるくる回して開け閉めするタイプになっているので、自分で「しっかり閉める」こともでき、二重逆流防止弁に+αでさらに空気が漏れにくそうな感じ的♪

ストレスフリーで使えて良い

以前は「押し入れの中心」から「毛布」が横にはみ出している状態だったのですが、

押し入れ内の圧縮した布団

圧縮感が良く・コンパクトになるから、押し入れの中心からはみ出さない状態に♪

アンド2~3日経ってもペタンコ状態だったので、見た目もスッキリ見えする上に、当たりが良かったのか?今のところ空気漏れの感じも無いので、これは買って良かった!でしたよヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

我が家の毛布類は、こちらの100cm×80cmの6セットで足りると思われるので、掛け布団+こたつ布団の収納用に、1サイズ上の130cm×100cmの3枚セットを追加買いしておきたいと思います。

布団収納のごちゃ付き感も解消できたので、今回良い出会いでした(๑˃̵ᴗ˂̵)و

 にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
スポンサーリンク