ケースの使い勝手向上に。プラダンでの仕切りの作り方

地道に改善中です○┓ペコリ

今日は旦那君が午後出勤でまだ家にいたので、うんうん返事をしながらでも出来ること=プラダンで仕切りを作って『物を入れているケースの使い勝手』を改善させました。

スポンサーリンク

プラダンでの仕切りの作り方

100均ケース

まず改善させたのは↑こちらのケース。

チェストの引き出しに入れて使っているのですが、引き出しを引っ張ると・ケースに入れている綿棒が滑って移動するんですよね。

仕切りを入れる場所

なので、綿棒が移動しないように、↑赤い線のところに仕切りを入れて改善を٩( ‘ω’ )و

必要な長さのプラダンをカットする

プラダン

必要なものは、プラダン、定規、カッター、養生テープを用意。

まず、仕切りを入れる「ケース底面の内寸」を測り、必要な長さを算出します。

【横】 内寸の横の長さ=必要な横幅。
【縦】 内寸の縦の長さ+(仕切りの高さ×2)=必要な縦幅。
必要な長さに合わせてプラダンをカットします。

仕切り部分を作る

仕切り部分を作る

仕切りたいところを「山折り」します。

仕切りの作り方

例えば(例)端から10cmのところに「仕切り」を作りたい場合は、(1)10cmの位置で「上」に向かって折り曲げる、(2)出したい仕切りの高さの位置で「下」に向かって折り曲げる、(3)(2)と同じ長さで「上」に向かって折り曲げます。

裏に養生テープを貼る

山折り後、折った部分が開かないように、

養生テープを貼る位置

裏から養生テープを貼っておきます。

あとはケースに「作った仕切り」を実際に入れてみて、入るか?入らないか?を確認する⇒長さを微調整して完成です(^v^)

ケースに仕切り+物を入れる

ケースにプラダン仕切りを入れる

作ったばかりの時は、↑のようにちょっと盛り上がっちゃいますが、

仕切りを入れたケース

物を入れると落ち着きます。

ケースの大きさに合わせて作ったので、サイズもピッタリ⇒物の位置も固定できました♪

細かい物の整理にも使える

プラダンについては、ホームセンターや100均ショップでも購入できる上、ハサミやカッターでもカットできて加工もしやすく、仕切りケース収納ケースの目隠しをはじめ、

仕切ったスプーン入れ

↑こういう(例)スプーンなど「細かい物の整理」にも使えます。

プラダンで仕切りを作る際のポイントとしては、中途半端な長さの仕切りだと、プラダンの厚みによる「段差」が出てしまい・物が入れにくいので、ケースの大きさに合わせて・ピッタリ作るのがポイントでしょうか。ピッタリ作った方が物が入れやすいです。

以上、プラダンで仕切りを作ったついでに「作り方」も書いてみましたが、同じく片付けを頑張ってるよー!の方のお役に立てばです(^_^)/~デワー

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ 

↑ランキング画像をポチッとしていただけますと、片付け&更新の励みになります^^

その他・雑談
スポンサーリンク
ポチョムニツキ
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました