木製テーブルをケア。キレイになりました♪

ただいま地道に片付け中です○┓ペコリ

木製テーブル

買ってから5年ほどかな?

ご飯を食べる時以外に、作業やミシンする時にも使っていることもあり、テーブルのキズ&色剥げが目立ち始めたので、晴れた日に・2日がかりで『木製テーブルのケア』を行いました(^◇^)

スポンサーリンク

木製テーブル(パイン材)のケア

塗装にワトコオイルを使用

今回使用したのは↓こちら。

ワトコオイルについては、亜麻仁油を主成分に塗装しやすいよう配合された、植物油 ベースオイルで、違う色を木製棚(パイン材)のケアにも使っているのですが、木製テーブル(こちらもパイン材)の色に合わせて、新たに「ワトコオイル(ダークウォルナット)」を買って来たので、

まずは下準備で「キズ・ヘコミケア」を。

耐水ペーパーアイロン

細かいキズについては「耐水ペーパー」でやすり掛けして目立たないようにし、直りそうなヘコミについては「濡れ雑巾+アイロン」を当ててケアを。

パイン材は柔らかくて結構キズが付きやすいのですが、水分によって伸縮膨張する性質があるので、濡らしたタオルや雑巾を固く絞ってヘコミの上に乗せる⇒その上からアイロンを当てて温めると(当てる⇒外す⇒ヘコミの状態を確認~を繰り返す)、ある程度のヘコミだったら補修ができるんですよね。

ちなみにカーペット・絨毯のヘコミ(家具などを置いた跡)も、濡れ雑巾+アイロンを当てて温めるとヘコミが取れます。但し、同じ場所に長く当てすぎるとカーペットが溶けちゃうのでご注意ください。←やらかした経験者です(;´▽`A“

1日目はワトコオイルで「色補正」を。

ワトコオイルを塗るワトコオイルで塗装

通常は刷毛かウエスで塗る~が主流的なんですが、手早く済むこともあって、おいらは「スポンジ」で塗る⇒ウエスで拭き上げる⇒乾燥させる~を2回繰り返して完了!としています。

参考用 北三株式会社 – ワトコオイルの基本の塗り方

1日目の作業はこれにて終了~。テーブルの使用はお休みして、よーく乾燥させました(^v^)

2日目はみつろうクリームで「撥水ケア」を。

2日目は仕上げで、「みつろうクリーム」でケアを行いました。

みつろうクリームでのケアについては、テーブルの光沢&撥水が気になった時にやっていることもあって、手慣れたもので「スポンジ」でサササッと塗る⇒ウエスで拭き上げる⇒乾燥させる~の1回で完了です(‘◇’)ゞイエッサ!

キレイになりました♪

テーブルのキズテーブルの撥水力

小さいキズはだいぶ目立たなくなりました。色についても「元の色」に戻った感じで、光沢&撥水も復活しましたヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

ワトコオイルでのケアは、ちょっと手間と乾燥させる時間が必要で・ニオイもあることもあって、窓を開けられる「晴れた日」にしか出来ないのですが、

1回やっておくとしばらくは「色」が持つので、あとは「光沢」や「撥水力」が気になった時にみつろうクリームでケアしておくと、テーブルの輪ジミ防止にもなるので、また気になった時にケアを(๑•̀ㅂ•́)و✧

コロナで外出が減って体重が増加…でダイエット中なんだけど、お疲れちゃん!で、ご褒美にアイスを食べました。たまには良いですよねw

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ 

リビング
スポンサーリンク
ポチョムニツキ
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました