Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

プラダンで冷蔵庫の使いづらかったところを改善

こんばんわ。

今日は、昨日の「プラダンを活用して仕切りケースを作る」の続きになりますが、作ったもので『冷蔵庫の使いづらかったところを改善』しました(^◇^)

スポンサーリンク

冷蔵庫の使い勝手を改善

ドアポケットに仕切りケースを追加

ドアポケットに仕切りケースを追加

まずは、使いづらかった冷蔵庫のドアポケット上段から。

お~ピッタリやん~d(-_^)good!でしたが、プラダンで作った「箱型の仕切りケース×2個」を並べて追加!

ドアポケット内の仕切りケースの感じ

この部分、ちょっと上の方にあるので、物を「横に寝かせて」入れてしまうとわかりずらくて、物を「立てて」入れたかったんですよね。仕切りが無くてずっと使いづらかったのですが、やっと「チーズ類入れ」と「チューブ類入れ」が出来ました♪

他改善したところは、↑生姜チューブの横に「白いフタの瓶(中身はにんにく醤油)」を置いているのですが、冷蔵庫のドアを開ける度に「瓶」が滑って動いていた⇒仕切りケースを入れたことで、こちらも落ち着いてくれた感じ。さらに下に「IKEAの滑り止めシート」を敷くと、もっと固定できそう^^

野菜室に簡易ストッパーを追加

野菜入れに滑り止めストッパーを追加

続きまして、野菜室の上段ケースを。

「タッパー」を並べて、その中に「小麦粉などの粉類」を保存しているのですが、こちらも野菜室のドアを引き出す度にタッパーが前後に動く…だったので、

野菜入れに滑り止めストッパーを入れたところ

プラダンで作った「簡易ストッパー」をタッパーの後ろに。

プラダンで作った簡易ストッパー

サイズを測って、ただ四角になるようにプラダンを折り曲げ、ホチキスで両端を留めただけの簡易ストッパーでしたが、良い!タッパーが動かくなった!無事固定~♪

野菜室に段差埋めシートを追加

プラダンで隙間埋めシート作り

さらに、野菜室の段差埋めを。

まずは段差部分のサイズを測って、プラダンを折り曲げ、養生テープで両端を留めた「ちょっと厚みのあるシート」を作成。

野菜室の段差にプラダンシートを追加

たぶん↑この段差は、2リットルタイプのペットボトル飲料などを入れるためにあるんだろうな~ですが、右下の一角にだけ段差があるんですよね。

段差の上に100均ケースを置いて・その中に「野菜」を入れているのですが、やっぱり段差があるから、野菜を取り出す時に100均ケースがぐらつく…ので、段差を埋めて平らに。

100均ケースが動くか確認

100均ケースを戻し、動くか確認してみたところ、お~100均ケースがカクカクしなくなり安定感が♪野菜を取り出す時も「ぐらつく…」がなくなりました^^

冷蔵庫に関しては以上

冷蔵庫に関して気になっていたところは、今のところ以上かな。

しいて言えば、まだ冷凍庫内に微妙な隙間があるけど、そちらは中途半端なプラダンが出た場合に「やや厚みのあるシート」を作って隙間に挟めば良い感じ。

どれもちょっとしたことなんだけど、なかなか腰が重く…だったので、もう少し早く動こうよ!と自分で思ってしまいましたが、何はともあれ、また1つスッキリしました(^_-)-☆

ランキング

 にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

スポンサーリンク