コンロ奥隙間カバーのお蔭で掃除が楽チンに♪ | ポチョムニツキ

コンロ奥隙間カバーのお蔭で掃除が楽チンに♪

コンロ奥隙間カバー

こんばんわ^^

先日「キッチン壁の汚れガードシート貼り」をした時に、ついでに「ガス台まわり」の掃除も行ったのですが、今年は『コンロ奥隙間カバーのお蔭で掃除が楽チン♪』でした。対策しておいて良かったです(^▽^人)♪

スポンサーリンク

コンロ奥の隙間埋めカバー

我が家で使っている隙間カバーは↑こちら。

参考用 Amazonで「コンロすきまシェルフ1段 KC5」をチェックする

アレ??なことに、撮ったはずなんだけど画像が見つからず…だったので、全体画像は「Amazon×オークスさんの商品紹介用画像」を貼付しています<(_ _)>

コンロ奥隙間カバーとは?

コンロ奥隙間カバー

今の住まいのキッチンは、「ガス台」と「前の壁?」との間に結構隙間があり、料理時にアレコレ飛ばして落としまくっていたので、「コンロ奥隙間カバー」なるものを買って設置したのですが、

隙間カバー!素晴らしいです!

お蔭様で「ガス台まわり」の掃除が飛躍的に楽になりましたよヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

開閉ができるから便利

コンロ奥隙間カバーのパネルの開閉部分

↑画像のように、上部のパネル?が開閉できるようになっているので、通常は「隙間に蓋」がされているような状態である⇒ゆえに隙間に物が落ちるのをガードしてくれ・パネル表面についた油跳ねなどを拭くだけで済み、もし物が落ちた時は⇒パネルを開けて拾ったり・掃除を行うことも(^v^)

ガス台下の掃除は?

なんちゃってお掃除棒

コンロ奥⇒隙間カバーのお蔭で余り汚れない、コンロ横⇒こちらは隙間があり「野菜くず」などを落としてしまう時があるので、時間がある時に「ガス台下」の掃除をしてますが、毎回簡単に終わらせることが♪

ガス台を持ち上げるので、まずは「ガスの元栓」を閉めて、菜箸の柄に「キッチンペーパー」を巻いてゴムで固定させた「なんちゃってお掃除棒」を作り、

ガス台下の掃除

ガス台を軽く持ち上げて隙間を作り、その隙間に「なんちゃってお掃除棒」を突っ込み、奥から手前に向かって「落ちた物」をかき出せば、ごっそりと(笑)。簡単にサッとできる&終わることもあり、掃除するのが面倒~と思うことが無くなりました(^v^)

個人的には、サイズが丁度良く、シンプル仕様でスッキリ見えする+パネル部分にガスホース用の穴がついていたので、こちらの「コンロ奥隙間カバー」にしましたが、いろいろ探してみられると、もっと便利に使える&掃除が楽になる隙間カバーもあるかも^^

コンロ奥の隙間によく物を落とすのよね&あとの掃除が面倒~な方がいらしたら、コンロ奥の隙間カバー!掃除が楽チンになるのでおすすめ!です(^m^)むふふ

片付けは大変だけど

真面目に?というのも変ですが、先々のことを考えて「片付け」をするようになって、自分が気になっている&掃除が面倒だな~と思うところは「どうすれば改善できるか?」を考えて、まずは動く!ことが大切ですね。もし失敗したとしても、次につながるし。

改善できれば、その分手間を省ける⇒自分が楽になる⇒違うことに時間を使えるようになるので、「片付け」は大変だけど、「動く」大切さを感じている今日この頃です(^_^;)

 にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
スポンサーリンク