電気ケトルのカルキ汚れを●●で落とす

こんにちは~!

今日は朝方雨が降ったので、幾分か過ごしやすい一日でしたが、最近晴れた日は「夏日」のような暑さの時がありますよね。

そこで、熱中症対策として「檸檬の砂糖漬け」を作ったのですが、

電気ケトル

ついでに『電気ケトルのカルキ汚れ取り』も行ったので(手軽に掃除ができて良いよ!なので)、ちょっとご紹介したいと思います(^◇^)

スポンサーリンク

電気ケトルのカルキ汚れ取り

まず使う物としては「檸檬(レモン)」を使います。

檸檬が持つ「クエン酸のチカラ」で汚れを浮かして・落とします。

料理に使ったあとの檸檬の切り端や、ジュースなどでレモン汁を絞ったあとのものでも良いのですが、

電気ケトルの中に檸檬を入れる

(1)電気ケトルに「檸檬の切り端」を入れ、それから満水位置まで「水」を入れます。

(2)そのまま沸騰させます。

電気ケトルの中に水を足す

(3)お湯がぬるま湯程度になったら、カルキが付きやすい上部(赤い矢印のところ)まで水を加えて、お湯が完全に冷えるまで放置します

(4)お湯が冷えたら水を捨て、カルキが付きやすい上部を「レモンの切れ端」でこすり落とします。こすっても取れない時は、スポンジで洗い落とします(おいらは爪でカリカリして落としています)。

(4)最後に電気ケトルの内部を水でよくすすいだら、お掃除完了!です。

カルキ汚れが「重度」の場合は流石に落とせないですが、カルキ汚れが「軽度」だったら、レモンを使った時に・ついでに電気ケトルの中にポイッと入れてお掃除しておくと、手軽にカルキ汚れ取りができる⇒キレイが続くのでお試しアレ!です(^u^)

最後に余談話

檸檬の切れ端で流しをこする

電気ケトルのお掃除に使った「檸檬の切り端」は、そのままごみ箱へ~ではなくて、その切り端で「シンク」をこすると、檸檬が持つ「クエン酸」でシンクもキレイになります。

流しのごみ受けに、混ぜるな危険!と書かれている「ヌメリ取り」などを使われている場合は、流しでクエン酸は使えないので、ご注意ください。

毎回やっていると、電気ケトルのカルキ汚れ取り⇒ついでにシンクも掃除~と、流れ作業的に掃除ができるので(笑)、なるべく洗剤を使いたくない方やナチュラルクリーニングに興味のある方は、試してみてください。

檸檬の砂糖漬け

ちなみに、今日作った「檸檬の砂糖漬け」は、1週間後が食べごろになるので楽しみ♪水で割ったりして、美味しくクエン酸を摂って・熱中症対策したいと思います(^v^)

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ 

↑ランキング画像をポチッとしていただけますと、片付け&書く励みになります(* ˊᵕˋㅅ)

家事用品
スポンサーリンク
ポチョムニツキ
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました